So-net無料ブログ作成

幸福実現党が掲げる「大義」とは(その1)無視されてきた「警告」

【衆院選2017】幸福実現党が掲げる「大義」とは(その1)無視されてきた「警告」



映画「ノストラダムス戦慄の啓示」
北朝鮮の核危機を1994年から訴え続けていた大川総裁
幸福実現党立党の母体となった宗教法人・幸福の科学が、北朝鮮の核兵器・ミサイル開発の問題、それから中国の軍事拡張主義に警鐘を鳴らし始めたのは、実に1994年のことだ。1993年の3月のNPT(核拡散防止条約)脱退に始まる、第一次の北朝鮮核開発問題が、東アジアのパワーバランスを大きく揺らす可能性がある。大川総裁は、早くからその危険性を予見していた一人であった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
------------------------------------- 

 

 

-------------------------------------